読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

■人生単純化計画■

自堕落な生活を改善中。シンプルライフに憧れ目指しつつもシンプルライフの真逆を行ってしまうというジレンマ。でも日々楽しく生きたい独身アラサー女子SEの雑記です。料理や買い物記録、コスメレビュー、書評等も書きます。ブログ初心者なので試行錯誤中です。

MENU

【洋服のお手入れ】毛玉になりやすい冬服は3種類の洋服ブラシでお手入れ

ファッション お手入れ

f:id:panther_8:20170205000624j:plain

お越しいただきありがとうございます。ゆみんくす(@PANTHER_8_XoX_8)です。

冬のお洋服ってニットやコート、ストールなど、

どれも毛玉になりやすい&ホコリがつきやすいですよね。

そんな冬服たちは3種類の洋服ブラシでお手入れしましょう!

 

 

 

洋服のお手入れに使うブラシ

私は以下でご紹介する3種類のブラシを使ってニットなどのお手入れをしています。

1つ目で除去できなければ2つ目、しつこい毛玉があるなら3つ目、

という使い方をしています。

f:id:panther_8:20170205001035j:plain

 

1つ目:KENT 静電気除去服ブラシ

f:id:panther_8:20170205001050j:plain

どんなアイテムでもオールマイティーに使えるブラシです。

馬毛でできているブラシで、ホコリなどをやさしく除去します。

 

2つ目:いわゆるエチケットブラシというもの

f:id:panther_8:20170205001101j:plain

1つ目でご紹介したブラシで取りきれなかったホコリは、こちらで除去します。

ホコリを除去する力が強いので、デリケートなカシミヤストールには使用しません。

織のしっかりしたコートに使用しています。

 

上の写真のものは現在は販売されていませんので、こちらをご紹介。

こちらの方が毛流れを回転して変えられて使いやすそうなので、今後買い替えたい。

3つ目:クリーニング屋さんの毛玉とりブラシ

f:id:panther_8:20170205001115j:plain

取りにくいニットの毛玉はこちらのブラシで除去します。

毛玉取り器でもいいのですが、生地に穴を開けそうで怖い、という方には

こちらがおすすめです。

少しずつ様子を見ながら毛玉を取ることができるので、安心です。

 

スポンサーリンク

 

ブラシ自体のお手入れ

洋服をお手入れすると、今度はブラシがホコリだらけになりますよね。

それもきれいにお手入れしましょう。

1つ目:KENT 静電気除去服ブラシのお手入れ

f:id:panther_8:20170205001125j:plain

こちらの櫛を使ってホコリを取っています。

ペット用らしいのですが、結構きれいに取れるので併せて購入するのがおすすめです。

 

2つ目:いわゆるエチケットブラシというもの

f:id:panther_8:20170205001222j:plain

毛流れに沿って指を滑らせてホコリを取り除きます。

写真汚くてすみません。

 

3つ目:クリーニング屋さんの毛玉とりブラシ

f:id:panther_8:20170205001249j:plain

付属品にある熊手のような櫛でホコリを取ります。

 

こんな感じで使います。

f:id:panther_8:20170205001313j:plain

 

まとめ

冬のお洋服を大事にしたいなら、洋服ブラシでお手入れするのがおすすめです。

ちょっとした毛玉での洋服の買い替え頻度が減り、

結果シンプルライフにもつながると思います。

身の回りの物を大事にしたい、という方には是非。

 

 

にほんブログ村テーマ シンプルで豊かな暮らしへ
シンプルで豊かな暮らし

 

にほんブログ村テーマ 物を大切にする暮らしへ
物を大切にする暮らし

 

↓ ランキングに参加しています。

↓ お読みいただいたら、ポチッと押していただけるとランキングUPするかも!?

   ブログを書く励みになります!

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代一人暮らしへ        にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ        にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ
にほんブログ村            にほんブログ村           にほんブログ村

 

 

 
 一人暮らし料理 ブログランキングへ

 

≪ここまでお読みいただき、ありがとうございました≫

 

広告を非表示にする