■人生単純化計画■

自堕落な生活を改善中。シンプルライフに憧れ目指しつつもシンプルライフの真逆を行ってしまうというジレンマ。でも日々楽しく生きたい独身アラサー女子SEの雑記です。料理や買い物記録、コスメレビュー、書評等も書きます。ブログ初心者なので試行錯誤中です。

MENU

【年末の大掃除】私の服の手放し方【ゆるいシンプルライフ】

 

f:id:panther_8:20161226235000j:plain

photo by photoAC

 

もう早いもので年末ですね。

年末といえば大掃除。大掃除といえば服の整理ですよ!おねえさん!(誰)

もう2016年1日しかありませんけれども。

服の整理しようじゃありませんか!

 

 

 

私はこうやって服を手放してます

何だかもやっとする、これじゃない、と思っていた服をまず手放します。

もやっとする服とはどのようなものでしょうか?

 

  • 忙しい朝着てみてしっくり来なくてやめてしまったもの。
  • 形が古いなと思ってしまうもの。
  • 太って見えるもの。
  • 色や形など、何か好きじゃない要素があるもの。
  • これは私のキャラではない!というもの。
  • どう合わせても手持ちの服と合わないもの。

 

どうやって手放すか。私はこのようにやっています。

考える時間が割と長いのが特徴かもしれません。

(1)もやっとする服を集める

もやっとする服を集めます。

もやっとする服とは、どこか気に入らない、しっくりこないと

心のどこかで思ってしまっている服のことを指しています。

 

(2)試着

とりあえず集めた服を試着してみます。

まずここで何か違うと思ったら、それは手放す対象となります。

 

(3)忙しい朝にやめてしまった服

「なぜそれを着るのをやめてしまったか?」を考えます。

そのときしっくり来なかった組合せをもう1回着てみます。

そして他の服と合わせてやはりしっくり来なければ、それは手放す対象です。

 

(4)形が古いと思う服

気に入っているトレンドの服と合わます。

「気に入っているトレンドもの」というところがポイントです。

単なるトレンドもの、というだけでは後々着られなくなる可能性があります。

気に入っている服なら、流行と関係なく着るからです。

古いと思うものはここで違和感が生じます。

 

(5)太って見える服

「比較的とゆったり目の服」と合わせます。

ゆったり目の服はそれだけでも太って見えやすいのですが、

合わせようによってはすっきり見せることも可能だと考えます。

それと合わせておかしければ、太って見えていまひとつな服、

ということにしています。

 

(6)好きじゃない要素のある服

「1年後に地球が無くなるとわかっていても、

気に入っている服よりこの服を着るか?」

と考えるようにしています。極端な話ですけれども。

やはりお気に入りの服はたくさん着たいものです。

それを押してでも着たいか、を自分に問いかけます。

 

(7)キャラではない服

「なぜそのアイテムを買ってしまったか」を考えます。

また「このキャラにどうしてなりたいのだろう」と考えます。

そう簡単に服装だけでキャラは変えられるものではありません。

「むしろ私のキャラに合わないものはいらない!」

とそういったものは手放します。

まぁ30代になると、キャラじゃない服はほとんど買わなくなりましたが。

 

(8)手持ちの服と合わない服

持っているとそれと合わせようとさらに服が増えてしまうので、

なるべく早く手放します。

手持ちと合わない、というのは前述した「キャラと合わない」というのと

同等だと思います。

新しく購入する段階ではこういった服は試着で却下になりますが、

古い服は「キャラと合わない」ということで手放しています。

 

手放したい服をどうやって手放しているか

基本的には、売却できそうなものは

ZOZOTOWNさんのブランド買取を利用しています。

セレクトショップで購入したものやブランド物のアイテムは

比較的よく買い取っていただけています。

トレンドでない、また記載されていないが買取対象外だったという服も、

10円ですが買取していただけました。

 

また、私の場合はユニクロさんのアイテムも多いので、

そちらはユニクロさんの店頭の回収にお願いしています。

それでもだめなら、最終手段として自治体の回収にお願いしています。

 

服を減らしたい、これからしたいこと

色々な物事を複雑に考えてしまいがちな私ですが、

 

「シンプルに生きたい。」常々そう思っています。

もっと日々考えることを「単純化していきたいのです。

(ブログタイトル「人生単純化計画」はそのような意味です)

 

まず毎日考える「その日着る服」のことを考える時間を少しでも減らしたいです。

 

そのためにも、どうしていくか。

 

自分に似合うものを知る。

年明けにですが「パーソナルカラー診断」「骨格タイプ診断」を受けようと思い、

予約をしました。

なんとなく似合うカラー・似合う形はわかっていると思い込んでいますが、

客観的な視点で「似合うもの」「似合わないもの」を知りたい

と思ったからです。

 

2017/1/31追記:

「パーソナルカラー診断」「骨格タイプ診断」の結果は、以下の記事をご覧ください。

 

panther8.hatenablog.jp

 

panther8.hatenablog.jp

 

自分の体型を服に合わせる。

近頃の不摂生・メンタルの弱さから、だいぶ肥えてしまいました。

私は手先の器用な人間ではないので、

体型に合わせた服を用意する(=服を自作する)のはとても困難です。

カスタムオーダーという手もありますが、

私は体型が変わりやすいタイプなので、なかなか手を出しづらいです。

なのでそういった人間は、既製品の服を着るしかありません。

それならば、体型を服に合わせてしまえばいいのでは、そう思います。

身長が低いのはどうしようもありませんが、横幅なら変えることが可能です。

そのためにはまずダイエットですね。

今ゆるいですが糖質制限を始めているので、

別記事に書いていきたいと思います。

 

少しでも違和感がある服を買わない。

服が好きで、色々買ってしまう癖があります。

「ほんのわずかでも」何か違うと思った服は買わない、

という癖をつけていかなけばと思います。

(あたりまえですができていないので)

 

まとめ

「これじゃない」という服は、試着の段階で買わないのが一番です。

でもそれがなかなか難しいというもの。

稚拙かつ長い文章になってしまいましたが、服を手放すとき、

少しでも参考にしていただけると嬉しいです。